乾燥肌対策ガイドTOP | 乾燥肌とは | 乾燥肌対策 | 乾燥肌のスキンケア | 乾燥肌対策お試しセット | 乾燥肌の改善法 | 乾燥肌によい成分 | リンク集 |

皮膚科・医療薬による乾燥肌の治療

乾燥肌による肌荒れやかゆみの症状がひどい場合は、通常のスキンケア以外に皮膚科での治療を受ける場合があります。

乾燥肌は症状が悪化すると、リンパ腺が腫れ、発熱を伴うようになります。

普段の保湿対策・乾燥肌対策で変化がない、あるいは症状がひどくなっている場合は早めに皮膚科での診察を受けるとよいでしょう。

皮膚科では診察後に乾燥肌による肌荒れのための薬が処方されますが、処方される薬の種類は大きくわけて4タイプあります。

▼保湿外用剤
乾燥肌によるかゆみを抑えると同時に、保湿の効果があります。主な保湿外用剤として尿素軟膏や白色ワセリン、MPS軟膏などがあります。

▼ステロイド外用剤
アトピー性皮膚炎によくしようされる医療薬ですが、湿疹などの炎症の症状をやわらげます。ただ、ステロイドに関しては賛否両論ありますので、様子を見ながら使用するのがよいでしょう。

▼非ステロイド外用剤
主に顔や首筋などの炎症に用いる医療薬です。

▼抗ヒスタミン剤
乾燥肌の場合はかゆみを伴いますが、抗ヒスタミン剤はそういった強いかゆみを抑える働きがあります。

楽天市場をチェック≫楽天市場スキンケア化粧品ランキング

注目浸透保湿化粧品「海のブレア」Wモイスチャー


▼同カテゴリー「 乾燥肌の改善法 」の記事一覧
皮膚科・医療薬による乾燥肌の治療
乾燥肌対策の入浴
乾燥肌改善のための食事
 
乾燥肌対策ガイドTOP | 乾燥肌とは | 乾燥肌対策 | 乾燥肌のスキンケア | 乾燥肌対策お試しセット | 乾燥肌の改善法 | 乾燥肌によい成分 | リンク集 |