乾燥肌対策ガイドTOP | 乾燥肌とは | 乾燥肌対策 | 乾燥肌のスキンケア | 乾燥肌対策お試しセット | 乾燥肌の改善法 | 乾燥肌によい成分 | リンク集 |

乾燥肌対策の入浴

乾燥肌対策として入浴の温度

乾燥肌対策として入浴でまず気をつけなければならない点は温度です。

熱いお湯だと皮膚の温度が急激に上がり、乾燥肌によるかゆみが増してしまいます。入浴時の温度はぬるま湯にして、あまり長時間入らないように心がけましょう。

また保温効果のある入浴剤も体温を上げかゆみが増す原因になりますので注意しましょう。

入浴剤も香りの強いものや色付きのものは香料や着色料が使われている場合が多く、刺激性でお肌への負担が大きくなりますので、乾燥肌の人は気を付けてください。

乾燥肌対策として入浴で注意する点

入浴時に体をこする場合も注意が必要です。乾燥肌の人は角質層が弱っていますので、目の粗いナイロンタオルなどでこすると角質層が剥がれ落ち、さらに乾燥しやすくなります。

乾燥肌の人が体を洗う場合は、柔らかい木綿製のタオルでやさしくなでるようにこするのがいいでしょう。

またボディーシャンプーや石鹸、シャンプーなども刺激性の強いものは避け、少量で使うようにし、体の洗い残しがないように気をつけましょう。

女性の場合は入浴時にムダ毛処理する人も多いと思いますが、かみそりを使用すると角質層を無理にはがすことにもなるので、どうしても必要な場合はあまり深剃りしすぎないよう注意しましょう。

入浴後は、角質層の細胞が水分を含み柔らかい状態になっていますので、すぐに化粧水などでの保湿対策をするとよいでしょう。

楽天市場をチェック≫楽天市場スキンケア化粧品ランキング

注目浸透保湿化粧品「海のブレア」Wモイスチャー


▼同カテゴリー「 乾燥肌の改善法 」の記事一覧
皮膚科・医療薬による乾燥肌の治療
乾燥肌対策の入浴
乾燥肌改善のための食事
 
乾燥肌対策ガイドTOP | 乾燥肌とは | 乾燥肌対策 | 乾燥肌のスキンケア | 乾燥肌対策お試しセット | 乾燥肌の改善法 | 乾燥肌によい成分 | リンク集 |